タグ別アーカイブ: スーパーファミコン

ニンテンドー3DSソフトが最大50%オフセール中らしい


3DSのニンテンドーeショップで6月7日 ~ 6月13日の期間セール中ということで早速チェックしてみた。
詳しくはこちら
00000279_01
パッケージソフト系は「ゼルダの伝説時のオカリナ 3D」とか「スターフォックス64 3D」とか色々と欲しくて買い逃していたのがあるんだけど、
今だと中古で買った方が明らかに安いな。。。
ダウンロード版でもAMAZONの方が安かったりするのでセールに釣られない様に要チェック。
zt
sf
バーチャルコンソール系では「マザー2」とかいくつか気になるのがあるけど、スーパーファミコンの実機とカセットもあるしなぁ
他にも神ゲーと噂の「カエルの為に鐘は鳴る」や「トレード&バトルカードヒーロー」や「ゼルダの伝説夢をみる島DX」と色々気になるのを見つつ
61Uw3YErRFL6163RX4QTZLold
ちょっとセール以外のバーチャルコンソールもチェック。

「メトロイド」をポチッと購入

あ、セール以外の買ってしまった。
metroid01
メトロイドおもろいど・・・

ファミコンソフト、スーパーファミコンソフトのクリーニング


ファミコンソフト、スーファミソフトは年月が経つと映りが悪くなったり酷い時には全く起動しなくなったりすることが発生します。
そういう場合は息をフーッと吹きかけてから差し込むと起動するような気がしますが、そうではありません。
起動したとしたら、それはたまたまです。
もともとの原因がホコリではないので息を吹いてもあまり意味がなく、逆に唾が掛かってしまう事で端子のサビなどの原因にもなって逆効果のようです。

先日「MOTHER2 ギーグの逆襲」を引っ張り出した時も起動しない状態でした。
で、今まで息を吹きかける以外にもアルコールで磨くとか色々な方法を聞いたりやってみたりしましたが、いちばん効果のあったと思える方法を紹介します。

必要なものは
無水エタノール
カネヨン
接点復活剤
・綿棒
の4つです。

クリーニングに必要な道具

クリーニングに必要な道具

まず綿棒に無水エタノールを付けて、端子部分の表面の汚れを綺麗にします。
(サビなどの原因とならないようにエタノールではなく無水エタノールです)

表面の汚れが取れます

表面の汚れが取れます

全体の表面の汚れが取れたら次はカネヨンを綿棒に少量つけて、それで端子を磨きます。

綿棒が真っ黒になるくらい汚れが取れます

綿棒が真っ黒になるくらい汚れが取れます

綿棒が真っ黒になるくらいののかなりの汚れが取れます。すごく気持ちいいです。
ただしここであまり磨きすぎると端子を痛めてしまいますので見た目で汚れが落ちたなと思ったところでやめましょう。あまりにも綿棒が真っ黒になるのでついついやりすぎないように注意です。

ここまでで一旦カセットを本体に刺して表示させてみます。
汚れていた時に比べてカセットの刺さるときの感触がかなりスムーズに変わっていることに気付きます。
今まで起動しなかったソフトが起動するようになると思います。
まだ起動しない場合は再度カネヨンでもう少し磨きます。

カネヨンが残っていると固まるので最後に端子についているカネヨンは綺麗にふき取っておきましょう。
その後、最後にまた端子の表面が酸化したり摩耗したりするのを防ぐために接点復活剤を塗っておきます。

接点復活剤を塗っておく

接点復活剤を塗っておく

以上の方法でほぼ起動するようになると思いますが端子を痛めたりすることもありますし100%の起動を保証するものでもありませんのでやってみる方は自己責任で。

黄ばんだスーパーファミコンは白く戻せるか?


20年以上も前のスーパーファミコンを「MOTHER2 ギーグの逆襲」をやるために引っ張り出してみると、びっくりするくらい黄色くなっておりました。
日焼けというより特に日光に当たっていなくても黄色くなっています。
また、パーツによって黄色度合いが違うのでパーツごとに成分が違うのでしょう(多分)

これをなんとか元の白い綺麗な状態に戻せないかと思いやってみました。

日焼けしたスーファミ

日焼けしたスーファミ

sfc_old2

近くで見ると日焼けも汚れも結構あります

色々と調べてみたところ、どうも「ワイドハイターEX」に漬け込んで紫外線をガンガン当てると化学的に戻せるようです(過酸化水素水に漂白活性化剤を加えた液体に漬け紫外線を当てるという事ですが詳しいことはよくわかりません)

とりあえず「ワイドハイターEX」を買ってきて漬け込んでみます。
ここで「キッチンハイター」とかだと成分が違うのでダメなようです安くても買わないように要注意です。
まず専用ドライバー「DTC-27」を使って本体をバラして黄色がひどい部分のパーツを取り出します。

部品をまずバラして

部品をまずバラして

適当に100均で漬け込み用トレーを買ってきてバラしたパーツを「ワイドハイターEX」で漬け込みます。
ハイター1本では浸かりきらない部分があったのですが、濃度が薄くなってしまうのでうまくいかないかもと思いつつ水を足してごまかしました。

そのまま数日間昼はベランダにおいたままで紫外線を当て続けます。

ベランダで漬け込み

ベランダで漬け込み2日目

徐々に黄色が薄くなっているのがわかります。
どのくらい漬けると良いのかわかりませんがとりあえず1週間ほど漬けて、もうこれ以上変化しないかなーと思ったところで取り出してみました。

結構白くなってます

結構白くなってます

若干まだ黄色さはあります

若干まだ黄色さはあります

完全に新品の様にはいきませんがかなり黄色が軽減されたのではないでしょうか。
ハイターを水で薄めずに原液のままでやればさらに良かったのかもしれません。

結論としてはヤフオク等でジャンクの安い黄ばんでいない本体を落札してパーツを付け替える方が確実で安上がりと思われますが、
一応実験という事でやってみたい方は自己責任で。