ファミコンソフト、スーパーファミコンソフトのクリーニング


ファミコンソフト、スーファミソフトは年月が経つと映りが悪くなったり酷い時には全く起動しなくなったりすることが発生します。
そういう場合は息をフーッと吹きかけてから差し込むと起動するような気がしますが、そうではありません。
起動したとしたら、それはたまたまです。
もともとの原因がホコリではないので息を吹いてもあまり意味がなく、逆に唾が掛かってしまう事で端子のサビなどの原因にもなって逆効果のようです。

先日「MOTHER2 ギーグの逆襲」を引っ張り出した時も起動しない状態でした。
で、今まで息を吹きかける以外にもアルコールで磨くとか色々な方法を聞いたりやってみたりしましたが、いちばん効果のあったと思える方法を紹介します。

必要なものは
無水エタノール
カネヨン
接点復活剤
・綿棒
の4つです。

クリーニングに必要な道具

クリーニングに必要な道具

まず綿棒に無水エタノールを付けて、端子部分の表面の汚れを綺麗にします。
(サビなどの原因とならないようにエタノールではなく無水エタノールです)

表面の汚れが取れます

表面の汚れが取れます

全体の表面の汚れが取れたら次はカネヨンを綿棒に少量つけて、それで端子を磨きます。

綿棒が真っ黒になるくらい汚れが取れます

綿棒が真っ黒になるくらい汚れが取れます

綿棒が真っ黒になるくらいののかなりの汚れが取れます。すごく気持ちいいです。
ただしここであまり磨きすぎると端子を痛めてしまいますので見た目で汚れが落ちたなと思ったところでやめましょう。あまりにも綿棒が真っ黒になるのでついついやりすぎないように注意です。

ここまでで一旦カセットを本体に刺して表示させてみます。
汚れていた時に比べてカセットの刺さるときの感触がかなりスムーズに変わっていることに気付きます。
今まで起動しなかったソフトが起動するようになると思います。
まだ起動しない場合は再度カネヨンでもう少し磨きます。

カネヨンが残っていると固まるので最後に端子についているカネヨンは綺麗にふき取っておきましょう。
その後、最後にまた端子の表面が酸化したり摩耗したりするのを防ぐために接点復活剤を塗っておきます。

接点復活剤を塗っておく

接点復活剤を塗っておく

以上の方法でほぼ起動するようになると思いますが端子を痛めたりすることもありますし100%の起動を保証するものでもありませんのでやってみる方は自己責任で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です