ショーン・オブ・ザ・デッド SHAUN OF THE DEAD


shaun of the dead

ショーン・オブ・ザ・デッド
SHAUN OF THE DEAD

2004年 イギリス
監督:エドガー・ライト
ショーン:サイモン・ペッグ
エド:ニック・フロスト

ドーン・オブ・ザ・デッドのパロディーなのだが、
単純にパロディーと思って敬遠するのはもったいないかなり面白い作品

まず主人公のショーンが電気店で働く30過ぎマザコンの男で、
働かずゲームばかりしているデブのエドと暮らしている。

仕事では年下の若い部下には馬鹿にされる。
ガールフレンドのとのデートは毎回行きつけのパブに行くだけ。
しかも毎回一緒にエドまでパブに連れて行く始末でガールフレンドにはついに別れようと切り出される。

そんな中、次第に町にゾンビが現れ始めるがショーンもエドも間抜けすぎてなかなか気付かない、やっと事態を理解したが、ママとガールフレンドを助けに行ってみんなで行きつけのパブに逃げ込めば安心、しかもビールまで飲めるというフザけた計画を妄想し実行に移す。

手にする武器も銃などではなくイギリスらしくクリケットのバット
また、本家の様に逃げ込むのがショッピングセンターではなくパブというところもまたイギリスっぽい。

逃げる道中もゾンビのマネをしてゾンビの大群の中を通り抜けたり無茶苦茶な展開ながら予定通りパブまで到着はするものの、小さなパブは完全にゾンビに包囲されており、絶体絶命の状況なのは明らかだ。

けど襲ってくるゾンビにビリヤードのキューやダーツの矢で応戦しダーツの矢がショーンの頭に刺さったり、しまいにはジュークボックスの自動演奏で鳴りだすクイーンの「ドント・ストップ・ミー・ナウ」に合わせてゾンビ化したパブの店主をみんなでボコボコにしたり、
おフザケ要素ばかりと思わせておいて段々と手に汗握る銃撃戦へ。

ここまではゾンビ映画らしいスプラッター的な表現もそれほど無く進むが、
仲間が内臓を引っ張り出して食べられるというスプラッタ要素もしっかり登場して押さえるところは押さえる。

最後にエドがゾンビに噛まれ、ショーンとガールフレンドが逃げ出せるのか絶体絶命というところから軍隊の登場という急展開。
その後ゾンビ映画に在りがちなもう未来は無いのか?というエンドではなく意外なオチがついてます。
エドも助かり(?)平凡な日常にこれってハッピーエンド?

全体のテンポの良さやふざけ方含め、まだ見てない場合は1回は見ることをオススメします。
ゾンビ映画の中ではかなりおすすめの1本。

エドガー・ライト監督と主演サイモン・ペッグ&ニック・フロストのトリオはこの後
ホット・ファズ、ワールズ・エンドでも勢ぞろいしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です