「アール・ライバルズ」もやっぱりオモシロかった


r_1
カナイセイジさんの「ラブレター」の面白さに感動して、それより前に作られたらしい「アール・ライバルズ」をプレイ。
これは0〜7までのカード各1枚の中から1枚ずつ出し合って4勝した方が勝ちというジャンケン的流れの2人用ゲーム。
基本的には数字の大きい方が勝ちだが、それぞれのカードには「数字の強弱が逆転になる」や「相手は次の勝負で先にカードを出さなければいけない」や「相手のカードの能力を無効にする」等の特殊効果がある。

さすがに最初の1枚目や2枚目の段階では単にジャンケン的に運に頼る事になるが、後半になると相手の残りの手札やそこまでの場に出たカードからの次の手の読み合いの要素が強くなってくる。
一番大きな7(王子)を出した時に相手が1(姫)を出すと即負けになるというドボンもあるので、1や7を出すタイミングもポイントになっていい感じに効いている。

ここで何を出すか、まだ確定できない。次で決まるか。

ここで何を出すか、まだ確定できない。次で決まるか。

最初の1枚目2枚目で何を出すか、勝つか負けるかで後半の手が非常に厳しくなることもあったり、場合によっては負け続けることもある。
ただ、運と読み合いのバランスの良さで、負け続けても飽きずに何度もプレイできてしまう。
短時間で1ゲームが終わるところも大きい。

「ラブレター」同様にここまでシンプルにしながら単純すぎてすぐ飽きるということが無い作りはさすが。
やっぱりオモシロかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です